オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

4月は、15日に毎年恒例の船橋オカリナ連盟コンサートで、生徒さんの指揮と10分間演奏。21日は、木村静子先生と共催の千葉市美術館で規模の大きなオカリナ交流会、28日は、ある音楽発表会でゲスト演奏をしました。 この頃に4thアルバムを出す話が小針先生から持ち上がりました!
b0133099_234801.jpg

5月は、寝不足と精神的な疲労が相次ぎ、ぎっくり腰になってしまいました(泣)。ですのでゴールデンウィークは大人しくせざるを得ませんでした。
7日は恒例の足利フラワーパークでの演奏でした。次週にホンソン(韓国)の国際オカリナフェスティバルでのゲスト出演が控えておりましたので、注意深く慎重にのぞみました。昨年のウグイスには会えず残念でしたが、満開の藤のお花から、たくさんのお客様から元気を沢山頂き、演奏面でも気持ちの上でも得るものが大きかったです。園内一杯の藤の香、目に染みるパステルカラーは、塚本こなみ先生をはじめスタッフの皆様が365日たゆまず丹念に育てておられるからなのだと再実感致しました。ありがとうございました。
b0133099_23505244.jpg

その翌週(10日~14日)は韓国へ行き、国際オカリナフェスティバルのゲストを務めて参りました。ご同行下さりました生徒の皆様及びご家族様は74名でした。本当にありがとうございました!!!ゲスト出演者は、日本、韓国、中国、台湾の他、イタリア、ドイツ、アメリカからの有名な演奏家でした。
日本の演奏者は、1日目は、ナイトオカリナの石井幸枝さん。2日目、山城奈奈子&岡崎裕子さんとオカリナ6(お二人に、小山京子さん、江波太郎さん、武藤祥子さん、植田篤司さんがご登場)、そしてトリプレットオカリナの一人者、大沢聡さん。3日目は、ミルトさん、私、佐藤一美とホンヤミカコさんでした!
演奏会はとても華やかに盛り上がりました!!!私も沢山の歓声と大きな拍手を頂き、プレッシャーが喜びに転じました。
b0133099_23551114.jpg

そして打ち上げも色々な国の方々が歌をはじめ、オカリナ、ピアニカ、サックス、太鼓まで持ち出して明け方まで盛り上がりました!!!
このフェスタで世界のオカリナ界では、トリプレットが当たり前だというのが常識となっているのを目の当たりにして、帰国してからダブル管の他にトリプレットを練習し始めました。主催のノーブルオカリナさんは、準備や期間中のお世話等どんなに大変だったことかと思います。皆様に感謝です。
b0133099_235804.jpg

6月は元NHK文化センター支社長であられたA様より「日本の詩祭」という全国規模のイベントのゲスト演奏を賜りました。オカリナ演奏は初めてという方も沢山おられたようでしたが、お楽しみ頂けたようでよかったです。
そして、16日、17日は、鈴木のぼる先生主催の「オカリナ三昧コンサート」で演奏させて頂きました。鈴木のぼる先生からプレゼントされたトリプレットで初めて「ペルシャの市場にて」を演奏させて頂き、ヒヤヒヤながらも嬉しかったです!(焦)
23日は、またキャラバンサライでホットサンド主催コンサートにゲスト出演させていただき、口笛奏者の夕部奈穂さんとコラボレーションの機会も得ました。楽しかったです!
24日~26日は、音大卒業後からずっとお世話になっている音楽事務所のお仕事で、長野県内の小中学校で演奏させて頂きました。ご一緒の演奏家は、素晴らしい方ばかりで刺激になります。来年も頑張ります♪
29日は、小美玉市四季文化会館で2年ぶりの、私のルーツ=カンターレオカリーナの集いでした。アットホームな雰囲気で集中して演奏出来ました。感謝の気持ちで一杯でございます。
[PR]
by satokazumi | 2012-12-31 23:59 | 佐藤一美の徒然な日々
 皆様、またまた大変ご無沙汰をしてしまいました。すみません!今年は韓国に4回行き、アルバムをリリースし、大沢 聡さんを初め多くの素晴しいオカリナ奏者の方々とジョイントしたり共演したりで、息をつく暇がありませんでした。言い訳です(爆)
と言うわけで2012年の大晦日に今年を振り返ってみたいと思います。長文ですがどうぞお付き合い下さい。
b0133099_23322146.jpg

1月は、22日に高崎で初のコンサートをしました。(今泉洋子さん率いる「オカリナα」主催)、しっかり練習をしたつもりですが、ダブル管が慣れずたどたどしく情けなかったです。
26日には、千葉のホテルでお琴の名手馬場信子さんとある団体の新年会で演奏、
29日は小山の石井美術館で2年前から山村多恵子さんと共催している「新春オカリナ交流会」で、180名を越すオカリナファンの方々とコラボ演奏をしたりコンサートをしたりと、楽しく有意義な時を過ごしました。関係各位の皆様、大変お世話になりました。
b0133099_23351761.jpg

2月は、18日のソウルでの私のリサイタル(ノーブルオカリナ主催)から始まりました。
コンサートで行くので就労ビザを取らなければならず、手続きに韓国大使館に2度ほど通いました。韓国のお正月休みを跨いでの手続きでしたのでプロデューサーの小針先生は大変だったようです!
コンサートには日本から20人位のお客様も来てくださり、総勢300人余りのお客様でした。
思い切った演奏ができました。ありがとうございます。
次の週末にはカンターレ・フォレスタさんが主催の「博多オカリナフェスティバル」でのゲスト出演、翌日に高槻市でピクニックさんとご一緒のオカリナ交流会に出演しました。
以前blogに書きましたが、この遠征期間中、私は眠くて眠くて博多まで小針先生にずっと運転して頂いちゃったんです。
更に本当は大阪から新幹線で行く予定が大荷持の搬入をJRに拒否され車で行く羽目になりました。
道中、尾道あたりで止めに会い、次のインターまでのナビの操作を頼まれましたが、ナビに指を伸ばしたままの格好で眠ってしまい小針先生、前田さんに笑われました!一生言われると思います(汗)。
「博多オカリナフェスティバル」での演奏、それに続く打上げを通じて多くの方とお友達になり楽しい時を過ごしましたが、この晩の内に大阪に移動しなければなりませんでした。
この道中もまたまた事件が!前々から予約していたホテルに到着が午前2時頃になると電話をしましたら「12時半までにチェックインできないのなら予約をキャンセルさせていただきます」!ガーン!!!慌てて車中からホテルを探しました!何とか茨木市内のホテルにチェックインでき事なきを得ました。
翌日の交流会&コンサートは、ぴくにっくさんのお蔭で大変熱心なオカリナファン、そして演奏者の皆様と交流が出来ました。幸せな一時でした。ありがとうございました!
b0133099_2340325.jpg

3月は、17日に習志野市のレストラン「キャラバンサライ」でオカリナ交流会、24日は私の出身中学の集まりに出席し、出身中学のブラスバンド部員さんや、旧友と久し振りの時間を過ごしました。オカリナサークルファンタジーさんのコンサートをお手伝いしました。
[PR]
by satokazumi | 2012-12-31 23:41 | 佐藤一美の徒然な日々