オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

目黒雅叙園ディナーショーでの演奏を楽しみながらお読み下さい。
明日へ(佐藤一美 Sato Kazumi)



 11月20日は石井美術館にてコンサートさせて頂きました。
石井美術館は、館長ご夫妻の古伊万里を中心としたコレクションを1階で拝観出来、2階には響きの良いお洒落なコンサートホールがあり、催し物が目白押しの人気の美術館です!
 今年1月のオカリナ交流会で初めてお世話になり、今回は、栃木県内では、今年最後のコンサート会場となりました。
まさに年始めと年末(まだ11月ですが)締めくくりにふさわしい場所で演奏出来て良かったです。

 26日には韓国のオカリナコンクールの審査、そして演奏を控えながらでしたので、このコンサートも大変気合いが入りました!
 オカリナコンサートを初めてお聴きの方々にも楽しめるステージを心がけ、いつもと違うプログラムでしたが、皆様から喜ばれてとても嬉しかったです!

 180名を越えるお客様の中に、先ほど(YOUTUBE2011 ②)ご紹介させていただきました飯塚先生ご夫妻もいらして下さいました!
 また、今回、美しいお花を賜りました、山村先生、飯塚先生、そして今度(平成24年1月29日)ご一緒にステージを務めてくださいます「洋介」先生、がいらしていて下さいましたので皆様にご紹介出来ました!
 私と、このお三方を中心に、オカリナ愛好家の皆様と、オカリナの輪を広げようと、来年の1月29日(日)に、「みんなで吹こう・オカリナ交流会」を行います!
 皆様、オカリナをお持ちになって!持たれない方は、お声と手拍子持参で!是非是非、お越しください!

 最後になりますが、このコンサートを盛り上げて下さいました関係者の方々に深く感謝申し上げます!
ありがとうございました。
 さて韓国が迫り焦って参りましたが、とにかく一生懸命務めて参ります!
                                                 佐藤一美056.gif

 さて、皆様、佐藤一美YOUTUBE2011は、お楽しみいただけましたか!
どうぞブックマークにご登録下さい。ありがとうございました!
[PR]
by satokazumi | 2011-11-23 02:29 | 佐藤一美の徒然な日々
パヴァーヌ Pavane(Gabriel Urbain Faure)


[PR]
by satokazumi | 2011-11-23 01:48 | 佐藤一美の徒然な日々
マドンナの宝石 I gioielli della Madonna(Ermanno Wolf-Ferrari)


[PR]
by satokazumi | 2011-11-23 01:39 | 佐藤一美の徒然な日々
ラ・マラゲーニャ La Malaguena

[PR]
by satokazumi | 2011-11-23 01:33 | 佐藤一美の徒然な日々

YOUTUBE2011 ②愛の夢

 今年の佐藤一美のディナーショーでの演奏を楽しみながらお読み下さい。
愛の夢 Liebestraume(Franz Liszt)

 先月(10月)18日、小山市生涯学習センターにて、イイヅカオカリナファミリー10周年記念 ファミリーコンサートのゲストとして演奏して参りました。
 以前カンターレオカリーナアンサンブルのメンバーであられました飯塚佳久先生の年に一度の発表会で、沢山の生徒さんが次々とリハーサルをしておられます。
 飯塚先生との出会いで、私の人生が豊かになり、沢山の事を勉強させて頂いています。
飯塚先生は、前々からプランをきちんと立てられ、しっかりと生徒さんを監督なさっておられました。
 ご来場の全ての皆様に対するお気遣いと、生徒さんお一人お一人に真っ正面から向き合われて素晴らしかったです。
ゲストも「思い川男声合唱団」さんや、ケーナ奏者のRENさんがいらして下さり、素晴らしい演奏で、舞台が大いに盛り上がりました!
 生徒さんの皆様も、緊張されながらも頑張られ、その健闘ぶりにお客様が大きな大きな拍手で応えておられました。
 私は、皆様の発表の後、ゲスト演奏させて頂きました!
中でもオリジナルの「小鳥のおしゃべり」は、飯塚先生の出会う以前に、先生が、CDの音を拾って楽譜にされたという思いで深いエリソードがあります。
 会場を包む温かな雰囲気に酔ったのでしょうか!?全ての曲を、時には楽しく、時には哀しく、曲に集中して入っていけたように思いました。
 アンコールの熱烈な声援にお応えしようとしたら、小針先生が、この日サプライズでいらして下さったケーナ奏者のレンさんと、「コンドルは飛んで行く」を一緒に演奏しては如何でしょうか、とステージでおっしゃられ、びっくりしていたらレンさんも快く出て来て下さり、キイを合わせるよう、管も合わせて下さいました!
 ご一緒出来て感激しました!お客様も「感動しました」と涙を浮かべながらおっしゃる方々もおられ、嬉しかったです!

 打ち上げでは皆様の発表会にかけた想いを伺う事ができました。
お母さまのご看病をなさりながらもオカリナを続けられ立派にソロで演奏をなさった方、病気と戦いながらも、練習されステージで皆様に勇気を与えられた方々のお話を聞き、感動しました!
 この方々と共に笑い泣きながらも励まし続けられた飯塚先生の素晴らしさを改めて実感いたしました。
[PR]
by satokazumi | 2011-11-23 01:22
佐藤一美@目黒雅叙園 2011 9.30 SatoKazumi@MEGUROGAJOEN 2011 9.30
ラグリマ(涙) Lagrima (Francisco Tarrega)

[PR]
by satokazumi | 2011-11-22 03:36 | 佐藤一美の徒然な日々