オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オカリナ三昧

b0133099_329299.jpg

 鈴木のぼる先生の主催の「オカリナ三昧」に初めてお招きに預かりました。
何年か前の船橋オカリナ連盟で、お目にかかったのが初めてでした。
 先生は、ピアニストの前田さんと「ヒグラシ」というユニットを組まれておられている事もあり、数々のコンサートにいらして下さいました。
 昨年12月15日のオーブンミトンカフェコンサートの帰り、鈴木先生や前田さん、木村静子さん、篠原梨恵さんが集まる忘年会に伺ったのが大きなきっかけでした。
 「あの忘年会のメンバーで、オカリナ三昧をやりたいのですが」と、お声をかけて頂きました。
不安な私は、「カンターレオカリーナを演奏する私でもよろしいのでしょうか?」とお聞きましたら、鈴木のぼる先生は、「あなたの音楽が聴きたいので、どんな楽器を吹こうと大丈夫ですよ」と、背中を押され、安心してのぞみました!
 私の出番の6月19日(土)と20日(日)の進行は、最初に鈴木のぼる先生と前田さんのユニット「ヒグラシ」、次にオカリナDuoのSHIN~Q(シンキュー)さんの演奏がありました。
 次に私達のコーナーがあり、プログラムは、これでもかと言わんばかりの大変内容の濃い曲でした。

 話は前後いたしますが、この本番のための練習の時には、事故後すぐで、喉が動きません。(佐藤一美は14日の朝、信号待ちで追突されました:小針)
 首の後ろも勿論痛いし、うまく歌えないのです。
この時、オーケストラのソリストとしての仕事も抱えており、トルコ行進曲を弦楽合奏+パーカッションのアレンジもしながらの日々でしたから充分に睡眠もとれず筋肉が疲労しているのを実感していました。
b0133099_3301517.jpg

 それでも19日土曜日は、緊張しながらも何とか演奏出来ました。
日曜日は、疲労で、身体が鉛の様でした。
 でも、お客様を目の前にすると、痛みを忘れます!
いつもの倍以上集中して、気合いで乗り越えました。
 この本番の山、チャルダッシュやマラゲーニャは、何とか音楽的に出来たと思い、ホッとしました。

 最後にまぜまぜタイムといって、鈴木先生、シンキューさん、とのコラボレーションがありました。
とても楽しかったです。お互いに「くせになりそう♪」と話していました。
b0133099_3311514.jpg

 その後の打ち上げには、演奏者の他に、オカリナ制作者の千葉稔さんもいらして、大いに盛り上がりました。
[PR]
by satokazumi | 2010-06-28 03:31 | 佐藤一美の徒然な日々

コンサート当日

 朝6時半頃目覚め、身支度をし、8時過ぎに余興場に到着しました。
舞台の後ろが、開いていて、車から、すぐに舞台に機材を運べる便利な仕組みになっていることを初めて知り、驚きました!
 ながめオカリーナフェスティバルで何度も伺っておりますのに、新しい発見が出来て嬉しかったです。
昔からの由緒正しいながめ余興場は、群馬県の重要文化財なんです。
 館内も清掃が行き届いて、気持ちが良かったです。

 機材、楽器をセットして、念入りなリハーサルを開始しました。
リハーサルも、本番どおり、全曲演奏、チェックしました。
 音響の○さんから、「このバンドは、体育会系ですね!」このようなお言葉を頂き、皆で「そうか~!私達って体育会系だったんだぁ~!」と、顔を合わせて笑ってしまいました。
 その後、すぐに群馬県内のオカリナサークルさん方のリハーサルでした。
富岡オカリナクラブさん、大泉土笛の会さん、ポリクレイさんが次々とリハーサルをして、お昼を大急ぎで食べた所で、画家の筑井孝子先生がお見えになられた事伺い、会場の外にご挨拶とご案内かたがた外に行きましたら、何と大勢のお客様がいらしておられ、大感激でした!
 先生に会場を見て頂き、絵を描いて頂く為の席を選んで頂きました。
その後、着替え、ヘアメイクをして、いざ本番!!!
b0133099_19191614.jpg

 このコンサートはいろいろ仕掛けがあったので、小針先生が先にステージに上がり司会をされました。
おもむろに、「オカリナをあなたに」と、丁度チラシの写真と同じポーズをされ、会場の皆様が一気に和やかなムードに包まれ、群馬県内の3つのサークル(ポリクレイさん→大泉土笛の会さん→富岡オカリナクラブさん)の演奏が次々に行われました。 皆様本当にありがとうございました!
 さて、小針先生の司会もラスト!お約束通りのセリフが出た所で登場しましたが、「あっ!その前に…」と、言われ、一度出ましたが、引っ込みまして、又もや、会場の皆様から笑われてしまいました(汗)!
b0133099_19233492.jpg

 仕切り直して、さあ出番です!!
「ラッパ吹きの休日から」スタート!続いてルロイアンダーソンつながりで、「踊る子猫」を演奏しました。
 「踊る子猫」は可愛くて気に入っております!
曲の最後に犬が吠える場面があり、9fオカリーナ(童話に出てくる様な大きなカブのようなオカリーナ)に持ち替える時、小針先生の長~い「う~ぅ!!!」(犬の唸り声風)に被さるように、オカリナで「ワン、ワン…」と犬の鳴き声を出して、エンディングになります!
 この演出は、前日何回も練習したかいがあり、上手くいきました!

 続きまして、オリジナルの「この大地に抱かれて」を演奏しました!
その後、「朧月夜」をピアノとギターのバックで。→「月の沙漠」は、もちろんアカペラで花道を使い歩きながら演奏しました。生のオカリーナの響きを、是非、聴いていただきたかったので。
 そして今年ならではのショパンの「ノクターン」、「チャルダッシュ」に「トルコ行進曲」と、癒し系と元気になるクラシックシリーズでしめ、あっという間に1部が終了!
 あまりお話をしないまま過ぎてしまい、小針先生から、5分早かったぞ!とお叱りを受けました(ごめんなさい)

 休憩中、衣裳を替え、小さなティアラを試しにつけてみたら、小さな角の様に見えて、外そうとしたら、全然外れなかったので、みんなに「この頭、おかしいですよね?鬼みたいでしょう?」と聞いてみたら、「そんなことはないよ、不動明王みたいだね。」(>д<)!(小針先生弁)
 ティアラを外そうとすると、益々抜けない。仕方ない!この頭で第2部の演奏をしました。
b0133099_19251953.jpg

 衣装は、10年前に作った懐かしいバラが沢山ちりばめてあるボリューミーど迫力のドレスで、「花まつり」~「コンドルは飛んでいく」でスタート!
 お話も、いつものキャラに戻ってお話させて頂きました。
筑井孝子先生もお描きになられておられるお姿が見えましたので皆様にすぐさまご紹介させて頂きました。
話していると少しずつ緊張がとれてきました。
 続きまして、「荒城の月」~「宵待草」~「忘れな草」のメドレー。
「宵待草」では、マイクをオフにして頂き、平本孝雄先生の作品(カンターレオカリーナの集い10周年記念で製作された作品)で演奏致しました。
 その後、「ウエストサイドストーリーのハイライトメドレーⅠ・Ⅱ」
これは、簡単そうに聴こえる曲ですけれど、大変なテクニックと、集中力が要求されます。
 毎回、絶対気が抜けません。ぐっと集中したつもりでも余計な事を考えてしまうと、途端に足元をすくわれます。この日は、何とか乗り切れました!
 オリジナルの「明日へ」を演奏し、ラスト、「チゴイネルワイゼン」をスリルを感じながら吹き切りました!
いつもの倍位汗が出ました(色々な意味で)終了後は、いつもの倍以上の幸せ感、解放感爽やかな感覚でした。
b0133099_19261586.jpg

 アンコールを終えてから、皆様を名残惜しく見送った後、楽屋とステージに残された楽器を片付けしました。
衣裳もがさばり楽器も沢山でしたのでかなり時間がかかりました。
 ステージでは、共演者や音響の方々やオカリナαさん、今泉さんが、キビキビ動き回り、綺麗に元通り片付けていらっしゃいました!
 沢山のお花やお菓子など賜り、帰りの車の中は、お花の香織で一杯!
まるで、アロマテラピーのようでした。
 オカリナαの方々、今泉さんと打ち上げで盛り上がった後、爽やかな夕方の風に吹かれながら、帰路につきました。
 幸せでした。皆様本当にありがとうございましたm(__)m!
[PR]
by satokazumi | 2010-06-10 19:26 | 佐藤一美の徒然な日々

スケジュール 6月~8月

6月6日(日) 佐藤一美オカリナコンサート in ながめ余興場

  佐藤一美oca 前田圭代KeyB 杉山太朗g 小針寛史per

群馬県内のオカリナ愛好会の皆様も出演されます
ポリクレイ  大泉土笛の会   富岡オカリナクラブ

1.日 時: 平成22年6月6日(日)13:30開場、14:00開演
2.出演者:佐藤一美(オカリナ)、前田圭代(ピアノ)、小針寛史(パーカッション)
3.会 場:ながめ余興場(群馬県みどり市大間々町大間々1635 )
                          電話0277-72-1968
4.チケット:前売り 2,500円、ペアチケット4,500円
       当日券 2,800円 
5.チケット取扱所:  
  みどり市内=笠懸野文化ホール TEL 0277-77-1212
        足利屋 TEL 0277-73-1212
        アスク(さくらも~る2F)TEL 0277-72-7111
        シイナ TEL0277-73-4147、小屋設計 TEL 0277-72-1040
        キヨシ理容室 TEL 0277-73-0210
  桐生市内=桐生市市民文化会館 TEL 0277-22-9999
  太田市内=太田市新田文化会館 TEL 0276-57-2222
  群馬県外=レッス音楽出版 TEL 047-452-4070、FAX 047-452-4080
6.主 催:レッス音楽出版  企画・協力:オカリナα
オカリナα(あるふぁ) は、「ながめオカリーナフェスティバル」を主催する愛好者団体です。


6月19日(土)
6月20日(日曜)
                      第11回オカリナ三昧してみませんか
                                in
                          新松戸ギャラリーウィンズ
                       ~ひぐらしオカリナ作品展示会~

♪13:00~16:00の間に
♪佐藤一美
♪Shin・Q
♪ヒグラシ
でコンサートをします!

伴奏は、
♪前田圭代キーボード ♪小針寛史パーカッション です。

このコンサートの入場料は 3500円です。定員は 40名

お問い合わせは
047-386-5626 ひぐらしオカリナ研究所(鈴木のぼる)
0436-36-1277 Shin・Q(木村静子)
047-452-4070 レッス音楽出版 にお願いします。

ひぐらしオカリナ作品展示会は
6月17日(木)~6月21日(月)です。
オカリナ製作体験講座があります。
同時に 沢田みどり書作展 が開催されます。

ウィンズ
〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3-25
電話 047-349-2525
最寄り駅:常磐線 武蔵野線 新松戸駅


7月3日(土)    カンターレオカリーナの集い in みの~れ

場所:茨城県小美玉市 四季文化館(みの~れ)森のホール

            入場無料 
              
♪出場♪
全国各地で活動するカンターレ愛好団体 

★参加団体募集開始 3月頃~

  ♪ゲスト♪ 

佐藤一美グループ ・善久(Zenkyu) ・野内敏子

佐藤一美oca  前田圭代p  小針寛史per



7月10日(土)  2010 佐藤一美オカリナ交流会そのⅳ in スタジオムック

開場 13:30 開演 14:00~
PLACE スタジオ ムック(池谷愛子音楽教室)  
お申し込み スタジオムック 048-726-0588 (上尾市上野607-1)

出演者
佐藤一美オカリナ 前田圭代ピアノ 小針寛史パーカッション
Laisse(レッス)音楽出版 047-452-4070




7月24日(土)    佐藤一美オカリナコンサート in エコフォーラム22 ギャラリー楓
                                  神奈川県秦野市菩提214  0463-63-2330

13:30開場  14:00開演

佐藤一美オカリナ
前田圭代キーボード
小針寛史パーカッション

前売り 2500円 当日 2800円  定員60名

主催:コンサート実行委員会
チケット/お問い合わせ
080-1086-5546(中村) 080-3084-8700(岩田)


8月13日(日)    オカリナは友達
亀戸老人福祉センター(亀戸9ー33ー2ー101) ℡ 03ー5609ー8822
13時半~(or14時~) 2時間(休憩込み)コンサート                                  
対象:60歳以上の当センター利用者さんとお孫さん。
佐藤一美oca  大隅桂子p  小針寛史per



8月28日(土)  2010 オカリナフェスティバル in 神戸
ゲストとして出演
佐藤一美オカ  前田圭代KEYB  小針寛史per



 
[PR]
by satokazumi | 2010-06-10 03:31 | ライヴインフォメーション

上り坂の5月 きつ~!

 5月28日のキャラバンサライライウ゛の前々日の晩から、熱が出てしまい007.gif、当日も熱は下がらず、おまけにドスの効いた超低い声になってしまいました。汗!
b0133099_2163837.jpg

 曲目は、かなりハードで、難しく、気の抜けないものばかり…。
・ノクターンNo.2(ショパン)・チャルダッシュ(モンティー)・だったん人の踊り(ボロディン)・ウエストサイド・ストーリー・メドレー・アルハンブラの思い出・アランフェス協奏曲・SPAIN・ラ・マラゲーニャ・プレリュード(ショパン)・愛の夢(リスト)・チゴイネルワイゼン(サラサーテ)その他の全20曲!
b0133099_2171571.jpg

 リハーサルも、辛くて倒れそうだったので、共演者や小針先生には、愛想ゼロ!
多分すごくふてくされているように見えたと反省しています。ごめんなさい。
 でも目の前は、習志野第1病院! 院長先生も聴きにいらして下さったのでいつ倒れても大丈夫と開き直りました!
 ディレクターの小針先生の評価は良くて、栃木の自宅まで送って下さいました。(感謝!)

 翌日は、三咲のサークルさんでした。
三咲のサークルさんは、今年20周年を迎えます。
 今が頑張り時でお休みする訳にいきませんでしたので、三咲公民館に行く途中の病院にかかりましたら、まず問診票の書き方がまずくて、百日咳の疑いがかかりまして、CT検査を受けたところ、気管支炎と診断されました。
 気管支が白く映っていましたが、白いのは、タンがへばりついているそうです(恥)。012.gif
熱は下がったものの、昨日より残念ながら声が全然出なくなってしまいました。
 しかし、病院もそばだし、大丈夫!と思い、サークルの皆様の心配顔の中、レッスンをさせて頂きました。
お陰様で無事、終える事が出来ました。

 流石に土曜日は、午前中はバタンキューでしたが、午後、高崎スズランデパートでの、筑井孝子先生の絵画展に行こうと思い立ち、行って参りました!
 両毛線で1本乗り換えなしで有難かったです!
筑井孝子先生とは、足利フラワーパークの5時のステージ終了後、描いたスケッチを頂いて…という、素敵な出会いをさせて頂きました!
b0133099_218401.jpg

 こちらからは、当日差し上げました、CDだけでは気が済まず、お手紙などお送りしました。
そうしたら、先生から、最新作の画集と展覧会のご案内を頂いたのでした。
 この日しか、行く時間が取れなかったので、午後に伺う事が出来て良かったなと思いました。
でも、低い声とひっくり返った高い声が入り混ざるようなヨーデルの様な声で、さぞご迷惑様だったと思います!

 展覧会には、筑井先生がいらしていて、お礼のご挨拶を伝える事が出来ました!
先生は、とても気さくで、目のとっても澄んだ女流画家です。
 瞬時に景色をとらえ、描く事が出来、又一度描いた絵は、必ず何も見ないで描けるんだそうです。
そんなすごい先生に前橋までお車で送って頂き、車内では、楽しくお話させて頂きました。
先生、ありがとうございましたm(__)m!043.gif

 日曜は、上尾でのレッスンでした。
夜は、早めに眠りました。
 そして、月曜日~金曜日までビッシリとレッスンとリハーサルのスケジュールをこなしまして、土曜日、ながめ余興場のそばの宿泊施設に泊まり、リハーサルを念入りにしました。

 そして、6月6日「佐藤一美オカリナコンサートinながめ余興場~オカリナを貴方に~」の当日を迎えました。053.gif
[PR]
by satokazumi | 2010-06-09 02:19 | 佐藤一美の徒然な日々