オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

暑中お見舞申し上げます。
060.gif♪真っ赤に燃えた~太陽だから~♪060.gif
いよいよ夏も本番ですね!
 皆様、いかがお過ごしでしょうか。016.gif

 今年でデビュー13年。オカリナ演奏者として暦を一周し未体験ゾーンに入ったことを感じる出来事も今年の上半期にはたくさんありました。
 3月のイズミールオーケストラのソリストとしてのトルコ演奏旅行、6月には、思いも寄らなかった伊勢神宮御奉納演奏、そして、敬虔な気持ちで臨みました青学会館グローリー・チャペルでのコンサートなど、どれもこれも13年の長きにわたる皆様の応援の賜と感謝の気持ちで一杯です。

 そこで、今年の「目黒雅敘園オカリナ・ディナーショー」は、日頃からの皆様のご恩に報いたく「感謝祭」と銘打って、精一杯のご奉仕をさせて頂きたいと思います。

 今回のゲストは、ソプラノ歌手の塩野雅子さんです。NHKの「みんなの歌」にご出演したこともあって、皆様は童謡歌手としてご存知かも知れません。
童謡、日本の歌はもちろんのこと、やなせたかし氏の作詞による「好きな風景・・・」、そして、日本では殆ど発表されていないシューベルトの「未完成交響曲」等、二人でアラフォー世代の「一つの女性の生き方」をステージで表せたらと考えています。

 その他にも、楽しい企画満載の今回のディナーショー、どうぞお気軽にお遊びにいらしてください。
                                             平成21年7月30日 佐藤一美
053.gif
b0133099_14214357.jpg

                      レッス音楽出版からのお知らせ
 お陰様をもちまして、来る10月30日(金)に目黒雅叙園主催「第5回佐藤一美オカリナ・ディナーショー」を開催する運びとなりました。
 「・・・ただ、喜んで下さる人がいるから・・・」と始めた佐藤一美のオカリナの演奏活動ですが早いもので13年目に突入いたしました。そこで今回は「大感謝祭」といたしまして幾つかの企画をご用意しております。

●レッス音楽出版にお申し込みの、先着100名様は1,000円引きとさせて頂きます。また、当方にお申し込みの方には漏れなく記念品をご用意いたします。
●コンサート(ソフトドリンク付き)→ディナーの順とし、ディナー後半は皆様のお席に演奏者がおじゃまします。オカリナ演奏あり、合唱あり、握手会あり等など、楽しい交流の時間を設けました。(我と思わん方は、ステージで演奏も・・・)

                 目黒雅叙園主催・第5回佐藤一美オカリナ・ディナーショー
●目黒雅叙園2F「舞扇」 定員250名
●15:30 受付開始  16:00開演  
●18:00ディナータイム
●チケット代 18,000円(和洋中折衷・正餐付き)
当方にお申し込みの、先着100名様は、17,000円とさせていただきます。
また、当方にお申し込みの方には、もれなく記念品をご用意いたします。
●お申し込みはLaisse(レッス)音楽出版へ
        TEL 047-452-4070    FAX 047-452-4080 
                 laisse@seaple.ne.jp
[PR]
by satokazumi | 2009-07-30 14:25 | 佐藤一美の徒然な日々
b0133099_25394.jpg

 昨年末に、小針先生から「これ、聴いてみなよ」と、手渡されたものが、天満敦子さんのパイブオルガンとのDuoのCDでした。
パイブオルガンの音色が、天から光がふり注いでいる様で、ヴァイオリンが、天からのメッセージを伝えているような…。
 あまりの崇高さに、涙が止まりませんでした。
毎晩のように、毎晩寝る前に聴いておりました。
 あぁ、私もいつかこんな風にチャペルで、パイプオルガンと演奏してみたいと憧れの気持ちを持ちながら…。

 今年1月ほどなくして、私をカンターレオカリーナと引き合わせて下さった恩人が大切にお付き合いされていらっしゃる青山学院大学の理事の方から、この青学会館のチャペルコンサート(ディナー付き)のお話を頂きました。
 こんな奇跡が起きますのも、日頃から応援して下さっています、皆様のお力と、感謝の気持ちで一杯です。
日頃、ニュースを見れば、耳を塞ぎたくなるような悲しいことも沢山ありますが、平和への祈りを込めて、皆様のお心に小さいけれど温かいともしびをお届け出来たらなと思い、のぞみました!
 お蔭様でチケットも完売し(皆様ありがとうございます)当日を迎える事が出来ました~(涙)!

 開演は、アカペラでアメージンググレイスを1コーラス吹きながら登場しました。
その後、パイプオルガンが出るのですが、音程を正しく吹かないと、音が微妙にずれて違和感があるのですが、本番は、違和感なくうまくいったようです。
 金益研二さんのパイプオルガンが、優しく温かく会場を包みました。

2曲目には、ゲスト、チェロ奏者の松本百合子さんと3人で、カッチーニのアベ・マリアなど、チャペルにピッタリな曲を数曲演奏致しました。
 松本百合子さんのソロは、バッハの無伴奏チェロ組曲第1番プレリュードでした。
バッハの音楽は、まさに教会での響きを計算して作られた事を実感致しました。
 続いて松本さんとデュエットでインベンションの第8番、緊張しました!
バッハは少しでも音が外れると良く分かってしまいますので…しかしスリルを楽しめました。
 あっという間に、一部のラストが来ました。小針先生にもお入り頂き、仮面舞踏会よりワルツを演奏し、一部が無事に終了しました。
b0133099_2164174.jpg

 2部は、いつものナンバー「ラッパ吹きの休日」と「コンドルは飛んでいく」でしたが、チェロが加わり、音に深みが増したと思いました。
 次も日本の歌メドレーチェロとのデュエットでした。
いつもとは違う雰囲気で、チェロの音色に癒されました。

 次は、金益研二さんのソロで、浅田真央さんのフィギュアスケートで使われた曲、「首の差で」と「パジャドーラ」をメドレーで演奏して頂きました。
 真央ちゃんが爪先立ちでステップを踏んでいる情景が思い浮かびました。
その後、金益さんのオリジナル「祈り」をピアノとのデュエットで演奏しました。
 
 そして、小さな頃から憧れていた、アルビノーニのアダージオを平和への祈りを込めてお贈り致しました。
ラストはチゴイネルワイゼンでしたが、この日の小針採点は「甘い80点」ですと!
 でも、お客様からは、嵐の様な拍手を頂き、アンコールへ
…バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」をチェロ、パイプオルガン、パーカッションと共に演奏させて頂き、無事にコンサート終了ました。
b0133099_2182439.jpg

 コンサート終了後は、ディナータイム!
デザートの時、出演者全員でお邪魔しまして、和気あいあいとお喋りをさせて頂きました。
 青学の理事の方にもお言葉を頂戴出来て光栄でした。
最後に青学といえば、この曲!というペギー葉山さんの「学生時代」を皆様で歌ってお開きになりました。
 皆様、ありがとうございました!帰り道に見た東京タワーが青くキラキラ輝いて見えました!!

b0133099_2225531.jpg

 青学会館の翌日は、「カンターレオカリーナアンサンブル小山」さんの5周年記念コンサートでした。
前日は、青学会館チャペルコンサートでしたので、伴奏の前田さんと共に団員さん方で、練習をしていて下さったので、当日は、前回の6日のレッスンよりぐんと上手になっておられ、驚き、そして嬉しくなりました。
 勿論本番は、素晴らしいステージでした!

 一部は祝典序曲(オリジナル)を演奏、
次には、小山の方々の「あゆみ」
初心の時に吹いた「タコタコ上がれ」と、現在のアレンジバージョン「タコタコ上がれ」を演奏し、その対比を楽しんで頂きました。
 「メリーさんの羊」、「ホタル、来い」「、かごめかごめ」、「キラキラ星」、「春の小川」まで、当時と現在の形を対比しながら演奏されました。
 それから、発表会で吹いた思い出深い曲を次々と演奏しまして、その後は、グループ演奏になりました。

 日本の四季シリーズというつもりで、「ひなまつり~お正月」を、緞帳のしぼり幕で額縁を作る形で、各グループの演奏を聴いて頂き、
 一部の最後は、また春に戻り、「さくら」を演奏し、華々しく、区切りました。

 2部は、今の実力発揮!
沢山さらいこんである4曲でした。
 ラストは前日に、私もも自ら演奏しました「カッチーニのアベマリア」。
カンターレ小山の皆さん「本番、特に良かった」と思いました。
 その後、「ご一緒に歌いましょう!」のコーナーで、「夏の思い出」と「故郷」を団員さん方で伴奏しながら会場の皆様に歌って頂きました!
 
 その後、すぐに自分の演奏がありましたので、早替えです。
運良く間に合い、演奏をしました。
 私の演奏のラストは、「明日へ 」!
全団員の皆さんの、オカリナオーケストラ付です!
 もう少しで泣いてしまうところでした。

 「小山にも先生のお教室を…!」とのお声があり、立ち上げて頂いたのが、もう5年も前とは…。
目黒雅敘園で初のディナーショーをさせて頂いた年なんです。時の経つのは何と速いのでしょうか!
 この5年間は、団員さんのご家族のご協力があったからこそ、この晴れ舞台で皆さん、輝いて演奏できたのだと思います。
 団員の皆さんとご家族に心からお礼を言いたいです。ありがとうございます。

 感無量の5周年記念コンサート、打ち上げでも大いに盛り上がりました!
ありがとうございました。
                                                佐藤一美053.gif
[PR]
by satokazumi | 2009-07-20 02:06 | 佐藤一美の徒然な日々
b0133099_2353126.jpg
 
 6月20日は、毎年恒例の「カンターレオカリーナの集い」でした。
私のお教室では、13団体の方々が、バスで、電車で、新しい会場となった、みの~れに大集合!
 直前練習、本番!練習室とステージを何回往復したことでしょうか!

 10団体が3曲ずつで、2団体が、2曲ずつの演奏でしたので、ゲネプロは、一回通したとして34曲、本番では、37曲指揮をしましたので、合計71曲指揮したことになります。
極めつけは、最後にゲストとしての自分自身の演奏があったことです。008.gif

 4年前は、自分の演奏の直前に、貧血で立てなくなったこともありました(根性で吹き切りました)。
今年も疲れは半端ではありませんでした。
 最初の2曲は、指の感覚が少し鈍ってしまいましたが、3曲目からは、いつもの調子を取り戻しました。
疲れもピークを超えて、何もかも忘れ、一心にオカリナを吹いていますと、聴いて下さっておられる参加者の方々、お客様から、そして、目には見えない何かの力を授かったようになり、集中して演奏することができました。001.gif
 一年に一回、この究極の感覚を味わい、成長させて頂いております。

 今年は、15周年! 早いもので、私は15回の連続出演です。
光栄にも、平本孝雄先生から、感謝状と先生特製のオカリーナの陶板を舞台上で直接に賜り、感激致しました。007.gif
 私って古株!?…。ちょっと複雑な心境でしたが、嬉しかったです!
b0133099_2414438.jpg

 7月5日は、ながめオカリーナフェスティバルでした。
前々日に風邪で熱が出て、本調子ではございませんでしたが、前日(4日)、予定よりちょっとゆっくり着いて、アンサンブルドリームの練習を」していましたら、オカリーナほうむぺえじ管理人さんが、お見えになられ、久々の再会を皆様と喜び合い、話に花が咲きました!
 その後、夕食を済ませ、夜9時からドリームさんの本格的なレッスンでした。

 11時位にレッスンが終わり、その後自分の練習でした。
まずは軽く通した後、微調整をし、ようやく全曲終え、やれやれと思ったら、「これからもう一回通すよ!」と、小針先生が…(*_*)!
 「えー!?まじで~?」と、思わず叫んでしまいました!
最初は疲れて思うようにいきませんでしたが、条件反射で、曲の世界に入ってしまい、気がつけば午前1時!に終了しました。

 就寝は3時でした。
当日は、6時過ぎに起床、7時~ドリームさんの朝練、その後、自分自身の朝練をして、荷物をまとめて出発しました。
 この日は、プロアマ、使用楽器に関係なく、力を合わせて一つのコンサートを作り上げますので、オカリーナを愛する皆様との友情が深まります。
 出演の常連様とは、再会を喜び合い、更に友情が深まり、初出場の方々とも、看板の布を張る作業も、譜面台を出す、片付ける、チラシをプログラムに挟む…様々な仕事を分かち合い、ステージをご一緒する喜びを分かち合えたのではないかと思いました。016.gif
 私は、リハーサル進行係として、出演者の方々のバランスを聴かせて頂いたり、精一杯務めました!

 会場にはマナーが行き届いた素晴らしいお客様ばかりでした。
主催者のオカリナほうむぺえじ管理人さんが、何年もかけて、お客様の士気も高められ、感謝の気持ちで一杯でした。
 毎回、細やかなご配慮を全ての出演者の方々になされ、準備の全て完璧にこなされ、頭が下がりました!
管理人様、大変お疲れ様でございました!

 私の演奏では、「剣の舞」「仮面舞踏会よりワルツ」、そして、今回久しぶりにオリジナルの「海よ」を演奏致しました。
 最後は、サンババージョンの「夏は来ぬ」、ジェフベック・バージョンの「我は海の子」の日本の歌で終わりましたが、突然の閃きで、「夏は来ね」の間奏の部分だけ、ホットサンドの千葉ちゃんに飛び入りして頂き、エアギターを2人で弾き、ちょっとはじけちゃいました!004.gif
 ずっと飛びはねていたら、息が苦しくなって、音を沢山伸ばせなくなってしまいました!
次回では息が切れない様に、体力作りをしたいです!008.gif

 それから8月8日のコンサートのお知らせをしました。
この、「ながめオカリーナフェスティバル」でお会いした事をきっかけに、オカリナ王子こと「茨木智博君」と神奈川県秦野市にて行います!
 皆様是非ご都合がよろしければ、いらして下さいませ!
フェスティバルが終わり、お客様がお帰りになり、出演者同士が名残惜しそうに「またお会いしましょうね」と言いながら…、なかなか話が終わりません!002.gif
 最後は、管理人さんにお礼のご挨拶をして、私たちは、一路栃木方面へ!

…帰りは、道草三昧!
大好きなパスタを、ピザを、デザートをこれでもかと言う位、思いきりほうばりました!043.gif
[PR]
by satokazumi | 2009-07-09 02:35 | 佐藤一美の徒然な日々