オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

三つのコンサート

 今月末はコンサートの嵐でした!

先ず23日の木曜日は、船橋市の行田東小学校で、芸術鑑賞授業のコンサートでした。
低学年と高学年、2ステージ演奏致しました♪♪♪
 前日は、津田沼泊まり朝7時過ぎに、学校に着き、セッティング、サウンドチェックを終えたら、後5分で本番!!まさに綱渡りな展開でした 008.gif

 低学年の生徒さん達は、ノリノリでした!
崖の上のポニョを演奏した時は、一緒に歌ってくれた他、座りながら、振り付けまで、手で踊ってくれて、感激しました!
 高学年の生徒さん達は、すっかり大人びて見えました!しらけるかしら?と心配しましたが、全然逆で、とても純粋で、今どきの子供さんにしては、珍しく、とても関心を持って聴いてくれました。
 生徒さんの反応は、それぞれ学校が違えば、それだけ、違います。
きっとこちらの校長先生をはじめ、先生方の日頃のご指導が素晴らしいのではないかと思いました!!
 
 コンサート終了後、早くも生徒さんからの感想文を頂き、感激でした!
それから、谷津の教室でレッスンをしていたら、担当の先生が、残りの生徒さんの感想文をわざわざ教室まで届けて下さり、その先生のお心意気にも感激致しました!
 すごい感動をありがとうございました016.gif

 生徒さんの感想文を一つご紹介いたします。(宝物です!)
            
          音楽かんしょうの感?想
ポニョのえんそうでは、オカリナのたかい音とかパーカッションやドラム、ピアノ、ギターの音がまざってとってもとってもきれいな音になっていた。
 えんそうでは、はくちょうのみずうみや、千とちひろのかみかくしやてんごくとじごくやいろんなえんそうのさいごの手をたたいてえんそうするのがたのしかったしオカリナの音とパーカッションのおとがきれいだったです。


24日金曜日は、栃木県交通安全協会の優良運転者の表彰式のアトラクションにて、演奏してまいりました♪
朝9時から宇都宮市の文化会館へ、交通安全協会の担当の方及び関係者の方にご挨拶をし、心優しくおもてなし頂きました010.gif

 機材を搬入、準備し、入念なサウンドチェックをしてから、表彰式の為、一度機材や楽器を片付けました。
一部の表彰式が終わってから、機材及び楽器を舞台にセッティングして、息つく間もなく、コンサート
 ノリの良いお客様に恵まれ、大いに盛り上げて頂き、気持ち良く演奏させて頂きました。
スピードは、音楽だけ!運転は慎重に、と心に深く刻みました♪008.gif

昨日は、ここ3日間の連続コンサート最終日で、流山生涯学習センターでの、「陽だまりサロンコンサート」でした。
 北千住から、初めてつくばエキスプレスに乗り、あっという間に最寄り駅に着きました!
会場には、主催者の方、そしてスタッフの方々が、いらしていて、温かく迎えて下さいました。
 12時半に機材を搬入、セッティング後、サウンドチェック、開場、準備したらすぐステージとなりました
会場のお客様は、水を打ったように静まりかえって、お聴き下さいました。
 前半までは、小針先生がパーカッションでいましたが、後半は、谷津のお祭りでドラムを叩かれるとの事、ちょっと心細かったのですが、3人で、力を合わせて頑張りました

 ♪最後のトルコ行進曲の出だしが、いつもの小針先生のソロがないのに、うっかりいつも通り出ようとしてしまい、出られませんでした!!
 先生、やっぱりボロが出てしまいました~(涙)すみませんでしたm(__)m!
しかし、お客様をはじめ、スタッフの皆様から、すご~く良かったわ~、とお誉め頂き、恐縮ながら、嬉しかったです。

 片付けは、ギターの杉山さんが、汗水たらしながら、車に荷物を積んで下さいました。
その後、打ち上げを主催の方々がして下さり、可愛らしいワンちゃんの絵のシールのついた美味しいワッフルを ご馳走になり、素晴らしいお花と共に、お土産ワッフルを頂いて、楽しくおしゃべりさせて頂きました043.gif
b0133099_0242967.jpg

 主催の伊藤さんは、私の為に、いつもは頼まない照明を入れて下さったそうでした。格別なおはからいを、そして心からのおもてなしを、賜り、感謝の気持ちで一杯です053.gif 
ありがとうございました。


この三つのコンサートを成功に導いてくださいました多くの関係者様、お客様にあらためまして感謝申し上げます。
                                             佐藤一美
[PR]
by satokazumi | 2008-10-27 00:24 | 佐藤一美の徒然な日々
第三章「ステージ後半~感謝」
 
060.gif後半は、京都特集!馬場さんとのコラボレーションはまだ続きます。
京都といえば…この曲を聴くと誰でも京都へ行きたくなるような、この曲「?」
これは、金益研二さん(研ちゃん)の、この日の為の編曲です。

 次は、馬場さんとデュエット演奏で、京都、奈良の旅をしました。三曲演奏しました。
そして、コラボの最後は、馬場信子さんのCD「情心音」の中からの1曲、ウ゛ィウ゛ァルディの「四季」より「冬」2楽章!
 たしまさんのギターとお琴が溶け合いながら1コーラス、2コーラス目からは、シンセで研ちゃんが、うっすらと入り、益々素敵に…。
 後半は、私もオカリナでユニゾン!
ステージにいながら癒された一曲です!

060.gif馬場さんを大きな拍手でお見送りした後、今度は皆様とご一緒した幸せと、素敵な皆様の未来を祝福して乾杯でした。
 乾杯の音頭は、やはり、当楽団のヒゲ男爵「小針ルイ・ブトン・寛史・3世」(笑)!
布団?(ブトン)さんの「それでは、ルネッサ~ンス!」を合図に、椿姫の「乾杯の歌」を演奏しました!
 これも新曲!目が寄ってしまいました!011.gif

続いて、明るく元気に、たしまさんのギターとデュオでサンタルチア!
 
 このコーナーの最後は、この10月に、ピアノのソロアルバムを二枚リリースする、研ちゃんコーナーで、オリジナル組曲「ブエノスアイレスの思い出」より「ワルツ」を演奏して頂きました。
 
 私は、その間、三回目のお色直し!
ドレスに着替えるや否や、研ちゃんの演奏が終わり、ステージへの階段を駆け上がったら、つんのめってお客様から笑われてしまいました(笑)!

060.gif笑われた拍子にいつもの自分を取り戻し(遅っ)、チゴイネルワイゼン!
今度ばかりは、失敗するわけにはいかない!頑張りました!016.gif
 そのかわりドレスで手先の汗を拭いてしまいました。今後の課題です。

 ラストは、勿論「明日へ」!あっという間に終わりました!
アンコールも頂戴しました!
 馬場さんにも加わって頂き、リベルダンゴを思わせるような、研ちゃんアレンジの「京の・・・・」でした!!

 その後、ロビーに行きましたら、お客様と、感激のご挨拶があり、今までで一番良かった!と、お褒めの言葉を頂いたり、お写真撮ったり…。
本当に一番幸せなひと時でした。010.gif

 その後、後片付けが待っていました。
ステージは早くも解体され、脇の控室の囲いは既に外され、抜け殻の様なドレスが、投げ捨ててありました!
 アクセサリーも靴も、散乱していました。
音響の片付けも見る間に足場がなくなり、機材を早くおろさなければと、大急ぎで片付けに必死!
 夢から覚めてみれば、一変、修羅場でした。008.gif
b0133099_001261.jpg


053.gif「夢」で始まったこのコンサート!
皆さまと、ご一緒に過ごした「夢の時」!
 それでは、次の「夢の時」を夢見て、頑張ります!是非、またご一緒に!

 最後に、この巨大なディナーショーを企画運営、マネジメント、全般に渡りお世話になりました小針先生、雅敘園の総支配人様をはじめ、沢山のスタッフの皆様、そして、何よりお越し下さいました287名のお客様に心より御礼申し上げたいと思います。
 ありがとうございました。
                                                   佐藤一美
[PR]
by satokazumi | 2008-10-16 00:00 | 佐藤一美の徒然な日々
第二章「当日、一部の本番」
 10日、当日、朝7時半、割にすっきり起きられました。
電車で目黒まで行き、会場へ。
 もう小針先生は、音響の方々と共に、楽器と、音響機材を組み立てていました!
 頭が下がりました。025.gif
私は、衣裳などを駐車場まで行き、取って来て、控室に置いたりセッティングしました。
 お昼は、久々にお会いする、雅敘園の料飲部長→福岡の山の上ホテルの総支配人になられた片山さんと、先生との3人で、久々の再会を喜びあいながら、頂きました。
 
 食事を終え会場に戻ったら、お琴の馬場さんがいらして、調弦なさっていました。三面のお琴は、見た目にも、迫力がありました。
 ほどなくしてサウンドチェックとリハーサル開始しました!
順調に、元気に出来たものの、プログラムとトーク両方全部通しましたので最後のチゴイネルワイゼンでは、指先に冷や汗をかいてしまい、速い所の跳躍の部分が出来なくなり、焦りました! 本番では、絶対ミスしないぞ!047.gif

 その後、ヘアメイクをして頂きながら、うつらうつらしました。014.gif
本番の楽器もトークも既にスタンバイ済み、安心してしまった。後は、体力回復を待ちました。
 
 あっという間に、本番の時間がやって来ました。
花嫁さんのような裾の長い白いドレスを引きずり、ステージ中央へ。
 
060.gifドボルザークの新世界が始まりました。
最初のソロ、普通ならなんでもないのに、やたらと怖い。喉は既にカラカラでした。
 全員が入った所で、緊張が抜けました。

 最初のトークは、さほど緊張せず、何とかいきました!
060.gif2、3曲目は、オリジナルの夢、リストの愛の夢でした。
 緊張が解けてきたかと思った所で、お琴の馬場さん登場。

 最初から、馬場さんを盛り上げようと張り切ったのですが、それが裏目に…。
まず、「今日は、お琴を3台も、持って来て下さってありがとうございます!」と言ってしまった。
 その時は、気がつきませんでしたが、お琴は面という数え方でした。
馬場さんのさりげないフォロー「はい、3面持ってきました」。
 012.gifもう舞い上がり、もう何も聞こえず、やりすごしてしまいました。

 というわけで、春の海への船出は、いきなり横波を・・・011.gif
演奏が終わって、皆様からは、大きな拍手とブラボーとのお声は頂戴しましたが…
 お琴の海への、処女航海は、手に汗を握りました!
 
 でも次の、日本の歌も、ドビュッシーの「月の光」も、お琴と溶けあうことが出来たように思います。
 そして、オリジナルの「永遠の舞」!
光源氏を廻る女性の心模様を全身全霊を込めて表現しました!

 研ちゃんのピアノやたしまさんのギターは勿論ですが、お琴の迫力、圧巻でした。
更にすごかったのが小針先生の太鼓!(実は念仏太鼓といって、つづみの20分の1位のお値段だそうです)
 つづみの音に聴こえました!
あっという間に前半終了!
b0133099_2302675.jpg

[PR]
by satokazumi | 2008-10-15 23:02 | 佐藤一美の徒然な日々

ディナーショーを終えて

 ご無沙汰いたしました。管理人です。
佐藤一美から、やっと原稿が送られてきましたので、ご紹介いたします。
 本人は、GACHIな性格なので、例によって少々長い文章となりますが、お付き合い下さい。
それでは、「佐藤一美ディナーショー物語」の開演です!

第一章「前日、前々日」
060.gifお蔭様で、今年の第四回目黒雅敘園「佐藤一美オカリナ・ディナーショー」は、ふたを開けて見たら、びっくり(@_@)!!!
 287人のお客様にお越しいただきました!!すごい舞台となりました!

 ディナーショー前々日、8日の水曜日は、千葉のNHK文化センターレッスンの為、朝4時半起き→レッス音楽出版のある谷津で練習→夜は、レギュラーピアニストの前田さんとの合わせ! とことんまで付き合って頂きました。
ありがたかったです010.gif


 前日木曜、4時起き。
ドレスなど3日分の荷物を積み、車を運転して008.gif、一旦谷津へ車を置いてから、今度は歩きで「読売文化センターららぽー」へ行き、レッスンしました!
 授業を終え、今度は、電車で谷津へ…。
フルートの生徒さんのレッスンをし→ショーで使うものを買いに→そして練習。
 また、フルートの受験生のレッスンを夜8時半までしたら、荷物を積んだ車を置きに、雅敘園へ行きました。042.gif
 
 一人では行けず、小針先生がワゴンで前を走って下さいました。
その間、疲れはピークを越えておりました。
 でも、小針先生の方が、もっともっと疲れている…。どうして、一人で雅敘園に車で行けないのだろう…。そう思い、自分が情けなくなりました。
 首都高を60kmで走って下さるワゴンの後ろ姿が、外の景色が、ゆらゆらとにじんできました。007.gif

帰りのワゴンの中では先生と、最終トークの打ち合わせをし、宿泊先の津田沼のメッツまで送って頂きました。
 部屋に着いてから、手書きで、もう一度練り直した原稿を清書しました。
夜中3時…zzz。
b0133099_2031421.jpg

 
[PR]
by satokazumi | 2008-10-15 20:36 | 佐藤一美の徒然な日々