オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 本日(19日)は、冊子「しもつけの心」2周年記念、そして、「とちぎ~癒しの郷」の創刊記念のイベントで、お招きコンサートでした。

 1部は、藤本信義先生の講演で、栃木の自然の素晴らしさを映像を見ながら、レクチャー、BGMを、きつれ川のオカリナグループ「やまと&なでしこ」さんが生演奏されました。
 このグループの中の方々は主に、私のNHK文化センター宇都宮の生徒さんです。

 私は、2部に演奏しました!
舞台に立つと、歓声が聴こえました。
 曲の途中でも、ノリの良いお手拍子あり、そうかと思えば、日本の歌などは、水を打ったかのごとく、シーンと静まりかえって…。
 素晴らしいお客様に恵まれました。

 当日発売された、雑誌「癒しの郷 とちぎ」の事もトークに盛り込みながら、お贈りしました。
ついついノってしまうと、お話が長くなりまして、小針先生から、あらかじめ打ち合わせしておいた、<お話短めに>というサインが出たのですが、慌ててしまい、最後に演奏するはずの「明日へ」を抜かしてしまいました。

 私の思いこんでいたラストの曲、チゴイネルワイゼンでは、いつもは出ない、指先から、汗が沢山出ました。
速いパッセージで楽器がぐらつかないから?大丈夫かしら?と考える暇もなく、演奏しました。

 終演した時気づき、小針先生に「すみません!曲、飛ばしてしまいました」と言いましたら、先生は、「そうだったね!時間通り終わったから、今回は良しとしよう」許して頂きましたが…以後気をつけます!ごめんなさいm(__)m!

 それから、養護施設の生徒さんがお見えになりました。
その方々を密着取材されている、日本テレビの方々も来られていて取材されてました!
 後日、放送があると思います。

 7月19日は、NHKBS2で、ビクターの吉田正オーケストラと共演した「異国の丘」も放映されるかもしてません!
 ちょっと気にしていてください012.gif
b0133099_0471730.jpg

[PR]
by satokazumi | 2008-06-21 00:47 | 佐藤一美の徒然な日々

きのう、おととい

 一昨日は、吉田正オーケストラのコンサートのアンコールで、オーケストラをバックに「異国の丘」を吹きました016.gif

 今から8年前、大沢可直さんと生徒さんを通じて出会い、そこから、大沢可直さん指揮による、トルコ国立イズミールオーケストラの演奏ツアーがあり、そのコンサートのアンコールで「異国の丘」を演奏する事になったのです。

 最初は、習志野文化会館、宇都宮だけの予定でした。
ところが、お客様がことのほか喜ばれたとの事で、吉田正の生まれ育ったひたちなか、埼玉、そしてラストステージの東京公演まで、演奏させて頂きました。

 その時、その異国の丘もレコーデイングされ、そのCDは、非常にラッキーな事に、2000年レコード大賞企画賞を受賞したそうです。

一昨日は、その時の思い出がそのまま再現されたような…。

8年たった今、あらためて、異国の丘を通して、真の平和を願わずにはいられませんでした007.gif

 この演奏は、7月19日(土)にBS2で放送される予定です。
皆様よろしければ、是非ご覧下さいませ♪003.gif


 次の日(昨日)は、朝8時から谷津を出発、高田馬場で、9時~11時まで、19日(栃木県教育会館)の合わせをし、それから、今日のコンサート会場、埼玉県上尾市のスタジオムックに行きました。

 会場には、早々と、今日飛び入り演奏をなさる方々がオカリナを練習されていました。
着いたら即、サウンドチェックを兼ねたリハーサルをしました。
 その後、すぐに飛び入り演奏の方々と金益研二さん伴奏のリハーサルが行われました。

 目から星が飛び出る程忙しい一日でした☆033.gif
b0133099_2414223.jpg

コンサートは、温かいお客様と共に、楽しく充実した時間を過ごせました。

写真は、「異国の丘」のリハーサルのものです。
[PR]
by satokazumi | 2008-06-16 02:42 | 佐藤一美の徒然な日々

船橋~伊奈、笠間

ここの所、blogをお休みしてしまい、すみませんm(__)m!

船橋から伊奈、そして笠間と、演奏漬けの一週間でした。016.gif
5月25日の、船橋オカリナ連盟コンサートは、市内のオカリナサークルさん達の発表会です。
その名の通り、各サークルが、協力し合いながら、裏方もスタッフも務め、コンサートを作り上げます。
中身は、もちろん、各サークルの発表と指導者の演奏が主ですが、今年は女性オカリナデュオの演奏もありました。

発表会の後には、和気藹々、恒例の交流会もあり!
ここでも講師演奏がありましたが、指導者「千葉ちゃん」の「ちょっとはずれ~」のストロー笛は圧巻でした!003.gif

今回出場した、私の教えているサークルさんは、オカリ-ナ三咲、カンターレユーカリ、ルーチェ・デ・シュトラーダの3つのグループでした。
このコンサートのお客様は、どのグループにも、いつも温かく関心を持って聴いて下さるのが、とっても嬉しいです。053.gif

そして、5月26日~30日は、長野県伊那市内の小中学校の音楽鑑賞会での演奏の仕事でした。
池袋芸術劇場の練習室で、演奏会の合わせをしてから伊那へ…。
今回は、大学卒業以来、クラシックでずっと、お世話になっているプロダクションの仕事で、
司会の方、
ピアニスト、
ウ゛ァイオリンの工藤美穂さん(コンサートミストレス)、
そして弦楽器奏者の方々9名に、
マリンバ奏者の吉岡孝悦さん、
それから私(笛のお姉さん?)の総勢15名で、
火曜日から金曜日まで、毎日3校ずつ、伊那市内の小学校10校、中学校2校を回った怒濤の5日間でした。033.gif

私は、オカリナ、フルートを中心に、リコーダー、そして、世界の珍しい笛を少しずつ演奏しましたが、特に、弦楽アンサンブルやピアノをバックに吹いたフルートは毎回スリル満点でしたよ~011.gif

30日の仕事が無事に終わって、飯田線の伊那松島駅で演奏家の皆様とさようならして、
岡谷駅へ、それから、
スーパーあずさ28号に乗り換えて、立川まで乗り、
中央線で西国分寺へ出て、武蔵野線に乗り換えて、南越谷まで出ました。
そこから、縄張りの東武線で新越谷から春日部まで乗り、
春日部から、スペーシアで栃木まで…約5時間かかりました。

家に久しぶりに帰り着きました。
さあ!笠間の準備とオカリナの練習をしなければ…!
準備&練習が終わったのは、午前1時、お風呂に入り、休んだのが午前3時。
朝は、5時半に起き、6時半に、家を出発!小山7時8分発の水戸線で、笠間に8時に着きました。020.gif

「カンターレオカリーナの集い」は、朝の9時から練習室をお借りして、リハーサルをしました。
9時40分から平本孝雄先生のオカリナ演奏でコンサートがスタートしました。
私の教えさせて頂いているグループは、12団体ありましたが、内、指揮したのは、11団体。
リハーサルと本番で22団体分の指揮をしたことになります~031.gif

その後、自分の演奏があり、それは何と午後7時20分からでした。年々出場団体が増えて、この時間に演奏になったそうです。

遠方からお越しの方々も多いので、私の演奏の時間は、座席の赤い色が沢山見えてしまうだろうと思っていましたが、幕が上がると、座席の赤は見えません!
何処からか?沢山のお客様がいらして下さっていて、感激してしまいました。
本当はクタクタなはずなのに一層元気が出て、曲にも没頭出来ました。

皆様にパワーをいただいた瞬間でした!066.gif

それではまた006.gif
b0133099_3363839.jpg

[PR]
by satokazumi | 2008-06-04 03:02 | 佐藤一美の徒然な日々