オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ディナーショーを終えて「第三章」

第三章「ステージ後半~感謝」
 
060.gif後半は、京都特集!馬場さんとのコラボレーションはまだ続きます。
京都といえば…この曲を聴くと誰でも京都へ行きたくなるような、この曲「?」
これは、金益研二さん(研ちゃん)の、この日の為の編曲です。

 次は、馬場さんとデュエット演奏で、京都、奈良の旅をしました。三曲演奏しました。
そして、コラボの最後は、馬場信子さんのCD「情心音」の中からの1曲、ウ゛ィウ゛ァルディの「四季」より「冬」2楽章!
 たしまさんのギターとお琴が溶け合いながら1コーラス、2コーラス目からは、シンセで研ちゃんが、うっすらと入り、益々素敵に…。
 後半は、私もオカリナでユニゾン!
ステージにいながら癒された一曲です!

060.gif馬場さんを大きな拍手でお見送りした後、今度は皆様とご一緒した幸せと、素敵な皆様の未来を祝福して乾杯でした。
 乾杯の音頭は、やはり、当楽団のヒゲ男爵「小針ルイ・ブトン・寛史・3世」(笑)!
布団?(ブトン)さんの「それでは、ルネッサ~ンス!」を合図に、椿姫の「乾杯の歌」を演奏しました!
 これも新曲!目が寄ってしまいました!011.gif

続いて、明るく元気に、たしまさんのギターとデュオでサンタルチア!
 
 このコーナーの最後は、この10月に、ピアノのソロアルバムを二枚リリースする、研ちゃんコーナーで、オリジナル組曲「ブエノスアイレスの思い出」より「ワルツ」を演奏して頂きました。
 
 私は、その間、三回目のお色直し!
ドレスに着替えるや否や、研ちゃんの演奏が終わり、ステージへの階段を駆け上がったら、つんのめってお客様から笑われてしまいました(笑)!

060.gif笑われた拍子にいつもの自分を取り戻し(遅っ)、チゴイネルワイゼン!
今度ばかりは、失敗するわけにはいかない!頑張りました!016.gif
 そのかわりドレスで手先の汗を拭いてしまいました。今後の課題です。

 ラストは、勿論「明日へ」!あっという間に終わりました!
アンコールも頂戴しました!
 馬場さんにも加わって頂き、リベルダンゴを思わせるような、研ちゃんアレンジの「京の・・・・」でした!!

 その後、ロビーに行きましたら、お客様と、感激のご挨拶があり、今までで一番良かった!と、お褒めの言葉を頂いたり、お写真撮ったり…。
本当に一番幸せなひと時でした。010.gif

 その後、後片付けが待っていました。
ステージは早くも解体され、脇の控室の囲いは既に外され、抜け殻の様なドレスが、投げ捨ててありました!
 アクセサリーも靴も、散乱していました。
音響の片付けも見る間に足場がなくなり、機材を早くおろさなければと、大急ぎで片付けに必死!
 夢から覚めてみれば、一変、修羅場でした。008.gif
b0133099_001261.jpg


053.gif「夢」で始まったこのコンサート!
皆さまと、ご一緒に過ごした「夢の時」!
 それでは、次の「夢の時」を夢見て、頑張ります!是非、またご一緒に!

 最後に、この巨大なディナーショーを企画運営、マネジメント、全般に渡りお世話になりました小針先生、雅敘園の総支配人様をはじめ、沢山のスタッフの皆様、そして、何よりお越し下さいました287名のお客様に心より御礼申し上げたいと思います。
 ありがとうございました。
                                                   佐藤一美
[PR]
by satokazumi | 2008-10-16 00:00 | 佐藤一美の徒然な日々