オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2008オカリナ交流会LIVE

060.gif昨日は、千葉市美術館でのオカリナ交流会でした。
驚きましたことに、87名のお客様に御来場頂き、とても賑やかに楽しくコンサートさせて頂きました016.gif
 
 スケジュールですが、朝の9時半~、前田さん、小針先生と
谷津のお教室で全曲を通して念入りにリハーサル→、小針先生の運転で出発!
→今回お手伝いのジョッキーさん(VERYGOOD社)をお迎えし、津田沼駅からは、4人で会場へ…。

→荷物(音響・楽器・衣装・みなさまへの記念品等)を会場の部屋の前まで運び、鍵が開くのを待ちました。
会場は、11階♪ガラス張りで、とても見晴らしが良く、気持ち良い場所でした。
 
 係の方の御好意で、10分早い、13時20分から、小針先生が中心ととなり、皆様で、大汗かきかき、素早く客席と舞台作りをし、
→9組の飛び入り演奏の練習を13時45分~開場は14時15分、

→開演は14時30分、中身の方も盛り沢山でしたので、超タイトな時間割りに…!
会場に早めにいらしたお客様は、自主的に椅子並べと、帰りには、椅子を片付けて下さり、すごく助かりました!
ありがとうございましたm(__)m!

061.gif私のコンサートは、二部構成で、ちょっと長めの休憩時間に「teaタイム&飛び入り演奏&みんなで大合奏」です!
 今回初めて、前田圭代さんがオカリナを吹き、佐藤一美がピアノをという変わったコーナーも一部と二部に一曲ずつ設けました。

 一部では、私、ピアノの前に座った途端アガってしまい、前奏の始めでつっかえて、会場の皆様は大爆笑でした003.gif
 私は、前田さんに申し訳なくて、冷や汗タラタラでした。
しかし前田さんは動じず、素敵な演奏して下さいました。
 う~ん、さすが、スーパー圭代ちゃん(彼女のニックネーム)です!

056.gifいやぁ~、伴奏って責任重大なんですねぇ!改めて、共演ミュージシャンに感謝の気持ちが湧きました。

 一部が終わり、向かい側のレストラン「かぼちゃわいん」で即、ティータイム011.gif
ここのコーヒーとケーキ、すごく美味しかったです♪

060.gifその後、飛び入り演奏コーナー♪♪♪
合計9組のグループないし、ソロ演奏で、ご参加頂きました(^O^)
どの方々も、全身で音楽を表現され、素晴らしい演奏でした。

060.gif緊張のトップバッターは、千葉ちゃん
♪オカリナの演奏の他に、ストローでの演奏で、会場のお客様を存分楽しませて下さいました。
それに、このコーナーの、司会まで、快くお引き受け下さり、大いに盛り上げて下さいました。私も楽屋で楽しく聴かせて頂きました♪

次に、全体演奏「春の小川」でした。ご来場のお客様全員が、一体となった音の響きに、感動してしまいました(涙)

061.gif第二部の私のコンサートは、アメリカをテーマとした曲を中心にお送りしました。
体力と、時間との戦いでしたが、途中、メゲそうになりながらも、何とか最後まで、プログラムを演奏出来ました。

お手伝いの方々の御協力で、急いで片付けが済み、本当に本当に皆様との絆が深まった、思い出に残るコンサートでした016.gif
ありがとうございました!

こちらのサイトで当日の模様をご覧いただけます。スライドショーもあります。よろしかったらご覧くださいませ。残念ながら携帯からではご覧いただけません。ごめんなさぁ〜い !



b0133099_8184839.jpg
会場全体を写してみました。

b0133099_8213956.jpg
"スーパー圭代ちゃん"です。


b0133099_8235574.jpg
"猪八戒 ? (笑) 小針せんせい"です。


b0133099_8274760.jpg
お越しくださいました皆様です。

b0133099_8291114.jpg
"スーパー圭代ちゃん"とピアノ伴奏の"ワタシ"です。

b0133099_830464.jpg
当日オカリナをお持ちでない皆様は"パーッカション"でご参加いただきました。

b0133099_8323733.jpg
"感動いたしました ! "皆様で"春の小川 "の合奏。

と、一部のみ掲載させて頂きましたが、"飛び入り演奏"と題した皆様の演奏の模様や
掲載したいお写真はまだまだたぁ〜くさんございます。
追って掲載させていただきまぁ〜すっ。お楽しみに !
[PR]
by satokazumi | 2008-04-22 16:39 | 佐藤一美の徒然な日々