オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「日伊親善オカリナフェスティバル・ミラノ~ブドリオ」レポート①

管理人談
「日伊親善オカリナフェスティバル・ミラノ~ブドリオ」レポート①
b0133099_2151829.jpg

皆様こんにちは。昨日(20日)イタリアコンサートツアーから、総勢68名、無事に戻ってまいりました!
さすがに昨日は一日中眠く、食事→睡眠→食事→睡眠を繰り返す全くの役立たずでした~(爆)!
さてこの度のツアーですが、イタリアの生んだ大作曲家ベルディーが晩年を過ごした家「音楽家のための憩いの家」とイタリアルネッサンスの香を色濃く湛える「ブドリオ市立劇場」での、日本のオカリナ愛好家の皆さんと、凡そ150年の歴史を持つオカリナ演奏グループG.O.B.とのジョイントコンサートが第一の目的です。
外国でコンサートをするに当たっての悩みは、何といっても練習場所の確保です。
日本でしたら、貸しスタジオはいたるところにありますし、それでダメならカラオケハウスというのも手ですよね!今回はラッキーなことに、会場(ベルディーノ家)にほど近いところにある教会を貸していただくことができました。
b0133099_2161531.jpg

ピアノが無いことを想定して、エレピを持参いたしましたが、お借りした3つの部屋に年代物ではありますがアップライトピアノが常設されていました。ただし、調律はされているのかいないのか!?430Hzくらいのようでした(爆)!
ここで、グループに分かれて練習、先生方の練習、そしてゲネプロを行い、それと練習に一段落を付けたグループから順次昼食(ランチボックス)を取りました。中身はパスタとパンです!とても美味しかったですよ!
b0133099_224182.jpg

およそ3時間を過ごした後、バスで会場の「音楽家のための憩いの家」に移動しました。
b0133099_2251832.jpg

着いた途端、コーラスやピアノの音が聞こえてきました。音楽のリハーサル室、レストラン、そして恐らく介護施設でしょうが、病院が大きな一棟の中にあり、その建物の外側には居住者住宅がありました。
会場では、ドレスアップされた品の良いおばあちゃまの出迎えを受け、そのまま2回のサロンでステージ作り(ピアノの位置決め、照明位置等)を始めましたが、全てこのおばあちゃまの支持を仰ぐことになりました。このサロンの管理者なのでしょう。
会場入りをしたのが14時40分頃でしょうか!?音を出さないゲネプロ!?をしたら直ぐに本番です。……、そうです!ヨーロッパにはシエスタ(昼寝の時間)があるのでこのようなスケジュールになりました。
b0133099_22657.jpg

 湿度の低い空気のせいでしょうか、部屋の広さや作りのせいでしょうか?程よい残響を伴ったオカリナの音が会場いっぱいに広がりました。音の死角がないことは言うまでもありません。
演奏者は皆、ご自分の吹くオカリナの音を味わいながら演奏されたようで2時間半のコンサート予定が15分伸びました。まさにオカリナの音に酔いしれる会場でした。
ジョイントコンサートにイタリアから参加されたのは、G.O.B.のファビオさん、エミリアーノさん。それに伴奏のピアニスト、エミリアーノさんの弟子のお若く美しい女性のオカリナ奏者の4人でした。イタリア指揮七重奏とは一味違う情緒的な演奏を堪能させていただきました。
もちろん日本のオカリナ愛好家の皆さんの演奏も先生方の演奏も何とも言えないとても美しい響きで会場の皆様を魅了しておりました。コンサートの酉を茨木智博氏に務めていただき引き締まったコンサートになったと思います。
 次回は、ブドリオでのコンサートの模様をレポートいたします。
写真は旅行中のスナップです!本番時の写真はまだ手元にないので、届き次第アルバムとしてアップしますね!乞うご期待!!!
ミラノ・プログラム
Casa di Riposo(ベルディー憩いの家)
開会宣言(江波太郎)
開会挨拶(茨木智博)
     (佐藤一美…イタリア語で)
1.佐藤益子グループ
オカリナ・クオーレ(佐藤益子、松岡啓子、茨木智博)
・口笛吹きと犬(A.プライヤー)
・荒城の月(滝廉太郎)
オカリナ・ブラーボ
・お祭りマンボ(原 六郎)
・コンドルは飛んで行く(D.ロブレス)
2.オカリナ・アミカ(植田篤司グループ)
・イタリアーナ(O.レスピーギ)
・竹田の子守唄(日本民謡)
3.植田篤司solo(古楽器によるイタリアの古い歌)
・美しいカッチーナ
・話しておくれ、ジャネッタ
・ベニスのゴンドラの歌
・愛の歌
4.Taro’sオカリナ・アンサンブル(江波太郎グループ)
・君を乗せて(久石譲)
・鞠と殿さま(中山晋平.)
5.流音華
・黒田節(日本民謡)
6.山根晴美ソプラノsolo
・津軽のふるさと(米山正夫)with佐藤一美
・ある晴れた日に(G.プッチーニ)
7.SA・KU・RA(佐藤一美グループ)
・村祭り~八木節(日本民謡)
・オー・ソレ・ミヨ(イタリア民謡)山村多恵子solo
・さくらさくら(日本民謡)


休憩(10分)

二部開会宣言(植田篤司)
       (佐藤益子…イタリア語で)
8.特別編成ブドリオ・オカリナ・グループ

9.江波太郎
・リンゴ追分(米山正夫)
・ガブリエルのオーボエ(Ennio Morricone)
・翼をつけて翔びたとう(江波太郎)
10.佐藤一美
・オカリナ・ファンタジー(佐藤一美)
・アルビノーニのアダージョ(アルビノーニ)
・明日へ(佐藤一美)
・ラ・ビダ・ブレベ(ファリャ)
11.茨木智博
・A.マルチェッロ/オーボエ協奏曲ニ短調より第一楽章
・ロミオとジュリエット(N.ロータ)  
・とおりゃんせ幻想曲(わらべ歌 編:茨木智博) 
・チャールダーシュ(V.モンティ)
12.アンコール(全員演奏):ふるさと 江波太郎編曲・指揮
13.フィナーレ(全員演奏):乾杯の歌 茨木智博編曲・指揮
[PR]
by satokazumi | 2015-05-22 02:26 | 佐藤一美の徒然な日々