オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

江波太郎/佐藤一美/ぴくにっく のオカリナ交流会「みんなで吹こう」編集する  2014年02月18日04:50

管理人談
b0133099_0133033.jpg

 日曜日(16日)は、蓮田駅前の「ギャラリーいずみや」で交流会をしてきました。
 かつて「なんで交流会をするの?」と聞かれたことがあります。
僕自身の答えは、はっきりしていて「そりゃ、オカリナ界を活発にするため!」、とは言ったものの、今一つ胸を張れないものがありましたが、昨日でそれは吹っ切れました!

 この日、何人かに「幾つオーディションをしたの?」と聞かれました。
そんなの僕の趣味ではないので一切やってはおりません!
また、多くの人が「みんな、何でこんなに上手いの?」「あんただって上手いよ!」皆さんこう語っておられました。
 ご参加の皆さんの演奏は、本当にそれぞれのスタイルがはっきりしていて、そう尋ねるのも当然のことと思いました。
 それに、私たち(江波太郎、佐藤一美)とぴくにっくの演目、皆さんの演奏の演目も最初から一曲も被っていないんですから奇跡的です!

 僕は、音楽世界(ポピュラー)で大分長く生きてきたので、ブームの盛衰を随分見てきました。タンゴ、ウエスタン、ワイアン、フォーク、エレキ、GS・・・・
 皆さん気が付かれましたか!?
エレキとオカリナだけがインスト演奏で勝負していること。
 エレキは、何と言ってもベンチャーズ!でも王座にあったのは長く見積もっても5年!その後は、渚夕子、欧陽菲菲さん等ボーカルに看板を取って代わられました。
 ところがどうでしょう!オカリナは20年くらい演奏の主役を務めています。これは奇跡的なことだと思います。ですから本当に大切にしたい!!!
 また、オカリナ音楽はどんなジャンルの音楽にも手が届く可能性がある!少々のワープは許される(爆)!!開拓できるフィールドがまだまだたくさんある!!!
 今在る自分の想像性を満足させられる素地がたくさんあるように思います。ですから、その魅力を大切にしたい!!!

13:00 開演  江波太郎・佐藤一美コラボコンサート(40分)
・愛の挨拶(エルガー) 江波太郎、佐藤一美
・こきりこ幻想曲 江波太郎、佐藤一美
・翼をつけて翔び立とう(江波太郎)    佐藤一美
・明日へ(佐藤一美)           江波太郎
・江波太郎solo(亡き王女のためのパバーヌ)
・佐藤一美solo(ラ・ビダ・ブレベ)
・いつも何度でも~となりのトトロ(久石 譲) 江波太郎、佐藤一美
13:40 ぴくにっくコンサート(30分)
・トランペット吹きの休日
・アラホーンパイプ
・踊る子猫
・シューベルトの鯛
・キューピー3分かからないクッキング
・ふるさと(唱歌)
14:10 休憩(10分)
14:20 貴方の演奏(90分)
① 岩崎慎治様「最愛」(福山雅治)    
② 大渕さん(ふっちさん)・ひこさんデュエット「草原のマルコ」 Gm→Am
③ ふっちさんギターフューチャー  スカボロフェアー 
④ 奏流(賀嶋昭子様グループ)    流るるはあつき涙
⑤ コンさん&じゅんじゅんさん&kuma3 「いのちの歌」 
⑥ じゅんじゅんさん ルパン三世のテーマ
⑦ コンさん&ハムさん&kuma3  タフワフタイ
⑧ まささん チゴウネルワイゼン
15:00 TeaTime休憩(15分)
15:15
⑨ フルッツクラッツ(あきさん) 「ファイナルファンタジー」「ポルカDE猫ふんじゃった」
⑩ (ローズマリーさん) サンサーンスの”白鳥”“アメージンググレース
⑪ BBQ 風音さん&吉村さん&kuma3&江波太郎、佐藤一美、コンさんで「ソチ」
⑫ BBQ 「剣の舞」
⑫ 能面ずらコさん 翼を下さい(ひこ、ポンさんと)
⑬ 能面ずらコさん 童神(佐藤一美と)
⑭ 野いちごさん  教えて+エーデルワイス
⑮ 中村賢子さん(&佐藤一美) A列車で行こう  
⑯ まささん&おちべ 「君をのせて」
⑰ おちべさん 「ハンガリー舞曲第5番」「ラデツキー行進曲」
⑱ ヨシブンさん「冬ソナ」
⑱ マザーグースさん 「花の街」「コーヒールンバ」

16:15 オカシナセブン・コンサート
・ウルトラセブン
・マンボN05
・アヒルのあっこちゃん(ガチョリナ演奏)
アンコール:CanCan
b0133099_2482081.jpg
b0133099_2504628.jpg


 前日にみなとみらいで行われた「室内楽コンクール」で入賞を果たし、一皮も二皮も剥けた、ぴくにっくのステージは演奏にもMCにも関西の人らしい「乗り、突っ込み」があって聴く人を飽きさせません。
 このグループを見た人は、10人が10人、創造性とオリジナリティーの大切さを肌で感じて、自分のステージ(音楽)に生かそうと思うんではないでしょうか。

 この日もたくさんのドラマが生まれました。
その一つは、秋田からお見えのローズマリーさん!
 15日の土曜は、一日中特急列車に乗っておられました。
朝、秋田を出て、越後湯沢で車中に閉じ込められ、その後(みなさんここが驚き所)、金沢→福井→敦賀→名古屋→静岡→池袋!!!!!!
 そして明くる16日9時半に蓮田の会場に来られました。(前日のリハが流れたので早出してもらいました)
 本人の口から大移動の話していただきました時には、どよめきが起こりました!

 もうひとつ!
15日、16日と移動時間が読めない(高速道路はどこも通行止め)ので、15日の晩にいつものてんぷくトリオで会場作りと音響セットをしました。
 セットはしたものの帰るに帰れない状態でした。
そこで僕がマイミクのムックさんに電話して一晩三人で泊めていただきました。
 つぶやきにも書きましたが夜中の11時半に、美味しい梅干入りのおにぎり、ワカメと豆腐の味噌汁、おでん、シュウマイ、キムチ!で出迎えれくださいました。なんとありがたいこと!

 そんなこんなでとても充実した交流会が、集った全員の力で出来上がりました。嬉しかったな~ 
 雪の日の温かいドラマでした。
[PR]
by satokazumi | 2014-02-21 02:50 | 佐藤一美の徒然な日々