オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

横須賀市立しょう園コンサート

b0133099_0554390.jpg

 6/26(日)は、横須賀しょうぶ園で演奏して参りました。
前日25日(土)閉園後、会場にてセッティングさせて頂き、リハーサルもさせて頂きました。
 このコンサートのプロデュースは、あのお琴奏者の馬場信子さんで、馬場さんが学生時代から毎年演奏なさったり、奏者の方々を呼ばれ、現在に至っておられるとの事。
 24年も続けられておられるなんて、なかなか出来ない事です。凄いお人だなぁ!とあらためて思いました。
b0133099_0563011.jpg

 このコンサートを始められた当初は、菖蒲園自体が知られていなかったり、交通が不便だったりとお客様が少なかったそうですが、だんだん口コミでお花と共にコンサートが広く知られる事となり、しょうぶを愛で、お琴のコンサートを楽しみにいらっしゃる方々が増えられたそうです。
 そんな素晴らしいコンサートに、今回お招きに預かり、嬉しいやら、光栄で恐縮しました。

 25日の土曜日の晩は、横須賀で過ごしました。
その、夜の更けぬ、賑やかで、ちょっぴり危険な感じは、なんと言ったら良いのでしょう?
 異国情緒たっぷりで、日本じゃないみたい!不思議な感覚でした。
b0133099_0573145.jpg

 翌日は、朝からリハーサルを経て、11時から演奏がはじまりました。
オカリナで有名なフォルクローレ調のものを演奏してから、「茶摘み」「雨降りお月さん」など日本の歌を演奏しました。
 そして、ステージ半ばでお琴の馬場さんがゲストとして登場していただきました。
前日(25日)が宮城道雄先生のご命日でしたので急遽、「春の海」を演奏しましたのですが、このコンサートの数日前から、馬場さんの身の上に起こった、宮城道雄先生を思い起こすハプニングの数々のお話を聞いておりましたので「きっと宮城道雄先生が、そうされているのだ!」と思い身を引き締めて演奏しました。
b0133099_058815.jpg

 お琴は曲に合わせて調弦されますので、曲間は私がMCを担当するのですが、話しが短くて時間が余ってしまって慌てたり(汗!)、次の話題になると長くなったりして、四苦八苦しました(汗汗!!)。

 まだまだ修行が足りませんが、またもや会場に助けられました!
コンサート会場は、菖蒲や紫陽花が見渡せる休憩所の2階で、紫と白の花々と葉っぱのグリーンのしっとりとした色合いにうっとりしながら、曲に入り込む事が出来て幸せでした。
 これらのお花の素晴らしさを愛でるのは簡単ですが、そのお花を丹精込めて育てていらっしゃる方々がいらっしゃってこそで、感謝せずにはいられませんでした。

 来年もまたこの素晴らしいしょうぶ園にてお花を、コンサートを楽しまれる方々の輪が更に拡がります事を願って…。
 ありがとうございました。(合掌)
[PR]
by satokazumi | 2011-06-29 00:58 | 佐藤一美の徒然な日々