オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

追いかけて追いかけてblog

 皆様blogが遅れてすみませんm(__)m!
6月14日の事故後3日間はお休み頂いたものの、その後スケジュールはつまっており、こなすのがやっとでした。008.gif
6月22日(火)~23日(水)は、さいたま芸術劇場で中学、高校の芸術鑑賞コンサートでオーケストラのソリストでした。
まだ事故から2週間頃でした。
b0133099_16235681.jpg

行進曲をオカリナとオーケストラにアレンジした譜面は、6月頭から取り掛かり、丁度オカリナ三昧の初日に完成、パート譜を送ったのが20日、ギリギリ間に合いました(汗)。
演奏も、とても親身で意欲的なオーケストラの方々のお蔭で、オカリナがぐっと引き立ちました!感謝しております!ありがとうございました!
b0133099_16244462.jpg

 それからは、通常のレッスンに加え、7月3日(土)のカンターレオカリ-ナの集いに向けて、生徒さんのレッスン三昧でした!26、27の土日も勿論レッスンでした。

 28日は、宇都宮の文化センターレッスンの後、事故後初めて病院に行きました。経過は、良好だったはずでしたが…。
29日(火)、とうとう腕に痺れが出てしまいました。
 不安で不安で仕方がありませんでした。025.gif

30日(水)は、千葉の文化センターと谷津ミュージックスクールを掛け持ちしました。
夕方お一人だけレッスンをお休みし、隣駅京成津田沼駅ビル1階のチョウ整体院で、治療して、痺れが良くなり、ホッとしました。042.gif

 翌日7月1日(木)は久しぶりのフルートの仕事に加えて、前々から新日本フィルハーモニー交響楽団のピッコロ奏者の渡辺泰さん(大学の後輩)から頼まれていた、オーケストラの3名の方々に、オカリナをお教えさせて頂くという大変な仕事~現代作曲家のリゲティのウ゛ァイオリンコンチェルトの中で、オーボエ、クラリネットのお二人、ファゴットの方々のパートにオカリナ持ち替えがあり、指遣いをお教えし、パート譜の一部をオカリナ用に書き変えた物を、お持ちし、少しだけお教えするもの~でした。
 というわけで慣れないフルートを吹いた上に、素晴らしいオーボエ、クラリネット、ファゴット奏者の方々にお教えさせて頂く光栄とプレッシャー…。

 身体が又、悲鳴をあげました。005.gif
7月2日(金)は、ユーカリが丘カルチャースクールと三咲のオカリナサークルさんの掛け持ちレッスンでした。又もや腕が痺れたのに加え、右足が痛くて歩くのが辛かったです。
 レッスン後夕方、チョウ整体院に駆け込み、治療して頂いたら、見事痺れも良くなり、おまけに足も(特に治療しなかったようでしたが)ちゃんと歩けるようになりました。
 小針先生に車で栃木迄送って頂き、翌日の7月3日(土)美川憲一さんが某CMでおっしゃる茨城県小美玉市にある、四季文化館(みの~れ)で、年に一度の「カンターレ・オカリーナの集い」に参加、演奏して参りました!

 私の生徒さんは、先の4月11日にさいたま芸術劇場での「集い」に、埼玉、栃木県内のサークルさんが5団体出ておられましたので、この7月3日は、8団体でした。
 しかし、指揮をして皆様の演奏の後にはゲストとしてお招きに預かっております、自分自身の演奏もございました。060.gif

 指揮の時には、首にコルセットをしながら指揮させて頂きました。
でも、さすがにゲスト講師演奏の時は、コルセットを外して頑張りました!

 最初の2曲は、指や音が不安定で、悔しい思いをしましたが、その後は、音楽に入り込めました。016.gif
辛い事など全て忘れて幸せな時間となり、夏メドレーでは、サングラス004.gifをしてロック調(ジェフ・ベックスライル)の我は海の子をノリノリで…。
 すっかり指の痺れや足の痛みも忘れて吹いたら、後で生徒さん方から、「先生、自分の身体をもっと大切にして下さい!」とお叱りを頂きました。
 申し訳ありませんでしたm(__)m。
しかし、無事に終わり何より安堵しました。043.gif
[PR]
by satokazumi | 2010-08-04 16:24 | 佐藤一美の徒然な日々