オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

上り坂の5月 きつ~!

 5月28日のキャラバンサライライウ゛の前々日の晩から、熱が出てしまい007.gif、当日も熱は下がらず、おまけにドスの効いた超低い声になってしまいました。汗!
b0133099_2163837.jpg

 曲目は、かなりハードで、難しく、気の抜けないものばかり…。
・ノクターンNo.2(ショパン)・チャルダッシュ(モンティー)・だったん人の踊り(ボロディン)・ウエストサイド・ストーリー・メドレー・アルハンブラの思い出・アランフェス協奏曲・SPAIN・ラ・マラゲーニャ・プレリュード(ショパン)・愛の夢(リスト)・チゴイネルワイゼン(サラサーテ)その他の全20曲!
b0133099_2171571.jpg

 リハーサルも、辛くて倒れそうだったので、共演者や小針先生には、愛想ゼロ!
多分すごくふてくされているように見えたと反省しています。ごめんなさい。
 でも目の前は、習志野第1病院! 院長先生も聴きにいらして下さったのでいつ倒れても大丈夫と開き直りました!
 ディレクターの小針先生の評価は良くて、栃木の自宅まで送って下さいました。(感謝!)

 翌日は、三咲のサークルさんでした。
三咲のサークルさんは、今年20周年を迎えます。
 今が頑張り時でお休みする訳にいきませんでしたので、三咲公民館に行く途中の病院にかかりましたら、まず問診票の書き方がまずくて、百日咳の疑いがかかりまして、CT検査を受けたところ、気管支炎と診断されました。
 気管支が白く映っていましたが、白いのは、タンがへばりついているそうです(恥)。012.gif
熱は下がったものの、昨日より残念ながら声が全然出なくなってしまいました。
 しかし、病院もそばだし、大丈夫!と思い、サークルの皆様の心配顔の中、レッスンをさせて頂きました。
お陰様で無事、終える事が出来ました。

 流石に土曜日は、午前中はバタンキューでしたが、午後、高崎スズランデパートでの、筑井孝子先生の絵画展に行こうと思い立ち、行って参りました!
 両毛線で1本乗り換えなしで有難かったです!
筑井孝子先生とは、足利フラワーパークの5時のステージ終了後、描いたスケッチを頂いて…という、素敵な出会いをさせて頂きました!
b0133099_218401.jpg

 こちらからは、当日差し上げました、CDだけでは気が済まず、お手紙などお送りしました。
そうしたら、先生から、最新作の画集と展覧会のご案内を頂いたのでした。
 この日しか、行く時間が取れなかったので、午後に伺う事が出来て良かったなと思いました。
でも、低い声とひっくり返った高い声が入り混ざるようなヨーデルの様な声で、さぞご迷惑様だったと思います!

 展覧会には、筑井先生がいらしていて、お礼のご挨拶を伝える事が出来ました!
先生は、とても気さくで、目のとっても澄んだ女流画家です。
 瞬時に景色をとらえ、描く事が出来、又一度描いた絵は、必ず何も見ないで描けるんだそうです。
そんなすごい先生に前橋までお車で送って頂き、車内では、楽しくお話させて頂きました。
先生、ありがとうございましたm(__)m!043.gif

 日曜は、上尾でのレッスンでした。
夜は、早めに眠りました。
 そして、月曜日~金曜日までビッシリとレッスンとリハーサルのスケジュールをこなしまして、土曜日、ながめ余興場のそばの宿泊施設に泊まり、リハーサルを念入りにしました。

 そして、6月6日「佐藤一美オカリナコンサートinながめ余興場~オカリナを貴方に~」の当日を迎えました。053.gif
[PR]
by satokazumi | 2010-06-09 02:19 | 佐藤一美の徒然な日々