オカリナ奏者佐藤一美の日々徒然なるままのブログです !


by satokazumi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

避暑地の出来事

 2009年の私の夏は、贅沢にも、とても爽やかな避暑地で終えました。
8月29日、私の生徒さんのオカリナグループ「アンサンブル・ドリーム」と私のグループ「オカリナファンタジー」の共同強化合宿で那須まで参りました。
 那須高原の「山のわが家」というペンションで行いましたが、ドリームの皆さんは、近々、自身のリサイタル・ライブを控えているとあって真剣そのものでした!
 もちろん、細かく厳しくレッスンさせて頂きました。

 ドリームのレッスンの後は、私自身の特訓の時間でした。
ピアノの前田さん、小針先生にトコトン付き合って頂き、苦手なフレーズを、何回も何回もテンポを変えては、繰り返し繰り返し練習しました。
 細かいパッセージは、リズムと音程を特に注意しなければなりません。
しかも、共演者の音圧にも負けないようにしなければなりません。
 自然、指に力が入ってしまって、動きが悪くなります。
このジレンマは、這上がるのが大変です。
 舌はもつれるは、腕は上がらなくなるはでしたが、泣く泣く、繰り返しました。悔しい~!
夜中なかなか眠れませんでした。

 30日は、明け方早く目覚め、散歩に行き、身体を温めました。
朝食後、即、練習!
 曲の途中で、無理な力がかかり、指が痛くなり、また間違え…どうしようと頭の中でグルグルマイナスな考えが回ってしまいました。
 すぐさま、小針先生がストレッチを教えて下さり、前田さんも参加して3人でしばしストレッチタイム。
その後痛みが治まりましたので練習再開!
最後にドリームさんのリハーサルも念入りにチェックし、ペンションを後にしました。
今日の午後は、素晴らしいチェリストの「松本ゆり子」さんと、松本さんの別荘で「夏の音会」というコンサートです!

 松本邸は、芸術家に相応しく、とてもハイセンスで上品な建物です!
由緒の正しさが一目で伝わってきました。
屋根が高く、窓は大きく、光に溢れていて、心地良い空気の流れが堪りません。
ですから、音が自然に良く響き、お部屋一杯に広がります!
気持ち良くリハーサルさせて頂きました。

 このコンサートは、プライベートなホームコンサートですので、殆どお声掛けはしなかったのですが、満員になるほどのお客様がお越しくださいました。(皆様ありがとうございます)

 さあ、本番!
第一部「オカリナ・リラックス~避暑地の出来事~」の始まり始まり~!
 ドリームさんの演奏からスタート!
夏をテーマにした7曲の演奏の間中、優しく爽やかな風が建物一杯に吹き渡りました。
b0133099_351562.jpg


 無事に終られ、安心するもつかの間、今度は自分自身のステージです!
ドキドキしましたが、朝の指の痛みも感じず、昨日の特訓のかいがあって、落ち着いて細かいフレーズが出来て、自由に歌えました!
 特に、松本ゆり子さんの重厚なチェロに支えられて演奏した「夢の後に」「チャルダッシュ」「インベンションNo,8」は羽が生えたようでした!
b0133099_3515065.jpg


 一部が無事に終わり、2部の「チロリン村夏の音会」は、村長さんのお話に続いて演奏しました。
途中、ファゴット奏者でもある、ゆり子さんの旦那様との2重奏もあり、会場が何ともいえない温かで爽やかな雰囲気に包まれました。
このステージの中間で乾杯があり、皆様ドリンク片手に、「みんなで歌うコーナー」に早変わり!
それまで大人しくされてたお客様が、私たちの演奏に合わせて大合唱です。
b0133099_3553236.jpg


 ステージが終わった後は、皆様と歓談&飲み会です!
テーブルの上には、チロリン村の皆様が持ち寄ってくださった、新鮮な野菜、焼きたてのバーベキュー、ちらし寿司に焼きそばなどなど・・・所狭しと並んでいます。
 オシャベリが一段落して、さあ頂こうとしたら、「帰りますよ」と小針先生。
あっという間に撤収されました。

 幸運にも避暑地で過ごした2009年の夏!
The Summer Place をテーマとして演奏したこのコンサート!
 そして、地獄の強化合宿!
どれもこれも、一瞬一瞬が心に焼き付いています。
 幸せな夏でした!053.gif

                                                          佐藤一美016.gif
[PR]
by satokazumi | 2009-09-02 03:55 | 佐藤一美の徒然な日々